1. TOP
  2. パリの滞在 懐かし、のんびり街歩き。

パリの滞在 懐かし、のんびり街歩き。

 2020/07/31 パリ
この記事は約 3 分で読めます。 13 Views

オルレアンの3日間の滞在が終わり、最後はパリへ。移動はここでは長距離バスを使ってみた。ネットで予約したチケットがうまく表示されず、交渉虚しくもう一度チケット代を払わされてしまった💦

そういうこともある。良い勉強!

ホテルにチェックインして、身軽になれば街散策。と言っても行くところは大体決まっていて、夫の好きな惣菜店や、留学中にお互いに勤めていた店や周辺、お気に入りの調理器具屋さん、友人や一緒に働いていた人のところ。この3日間の滞在もそんな懐かしい場所や好きなものを巡る時間。定番だけどそれが楽しい。

必ず立ち寄る、Maison Pou。惣菜もシャルキュトリーも、パティスリーも彩りが鮮やかで美しい!

老舗のジルヴェロ。夫はここで念願のスタージュをさせて頂いたから、ここに来ると背筋が伸びるそう!

私の勤めていたレストランから独立し、シャルキュトリーを開業したニコラのお店。
Nicolas Duquenoy

 

パテクルートの作るところを見せてほしい!とお願いしたところ、とてもとても丁寧にレクチャーしてくれた。

料理も仕事も大好きで、心の温かいニコラ。ありがとう!!

シャルキュトリーで買ったものを、公園で食べるのがお決まり。

こうして食べるのが美味しい♡

よく行く調理道具のお店。

ケータリング用のスプーン?オシャレなデザインの器具や食器、カトラリーがいっぱい。見てると全部欲しくなる(笑)

2020年現在、今こうして過去の写真を見ると、何気ない風景もかけがえのないものだったのだなぁと気づく。

今年はフランスの旅はかなわないけど、また状況が落ち着いたらこんな時間を楽しめる日が、1日も早く戻ってきますように^^

友人の働いていた花屋さんにも。ブーケを見たら、彼女の作品だとすぐに分かるような魅力があって大好き。

パリは流行の移り変わりも早くて、刺激的な街だけど、私にとっては当時のことを懐かしく思える場所でもある。なので回り切れないほどの好きな場所をゆっくり巡っては、時々新しいものに出逢えたらもう大満足の時間になる。

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • ムッシューと歩くパリ!その③Musée du Vin

  • ムッシューと歩くパリ! ①医療美術館 “ Musée de la médecine ”

  • 老舗シャルキュトリー Gilles Verot(ジル・ヴェロ) パリのフランス惣菜店巡り②

  • ルーブル美術館と周辺散策

  • パリのレストラン “Mandarin Oriental マンダリン・オリエンタル” 

  • フランスのアパート、エレベーターがあればラッキー!