1. TOP
  2. リヨン食べ歩き le vivarais ポール・ボキューズ認定のお店

リヨン食べ歩き le vivarais ポール・ボキューズ認定のお店

リヨンのレストラン ローヌ・アルプ地方
この記事は約 2 分で読めます。 3,763 Views

ボキューズマーク

リヨンにはトック・ブランシュ・リヨネーズ(Toques Blanches Lyonnaises)という協会があり、このようなマークが貼られているお店はこの協会で認定されている証となる。ポール・ボキューズを始めとするフランス国内でも最大級のシェフの協会だ。

美味しいお店を探すとき、インターネットの情報を観る事もあるけど、街を歩きながらこのマークが貼られたお店を探すのはひとつの指標になる。

今回のお店も、街歩きをしながらこのマークを頼りに入ってみた。

外観

うずら

デザート

ランチタイムが終わる直前だったが快く入れてくれ、もう日替わりメニューしか残りがないとのことだったが、それを注文した。うずら肉とキノコを煮込んだを使ったメイン料理に、ウッフ・ア・ラ・ネージュというリヨンの伝統的なデザート。

2品構成なのにとても重い。食べ応えがしっかりある。ランチタイムにうずらが出てくるというのが珍しかった。

味はさながら、一番感動したのは食事の後にシェフがテーブルのひとつひとつを回って挨拶をしてくれたことだった。

レストランで過ごす時間って、味はもちろんのことサービスはどうであったか、そして誰とどんな話をしてどんな気持ちでいられたかが、大切だと改めて思った。トータル的にどんな “時間” であったかが、お店の印象を大きく変えたり決めたりするものなのだと思う。

フランス人シェフの丁寧な挨拶で、忘れられないランチタイムとなった。

le vivarais

1 Place Gailleton
69002 Lyon 02

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • 美食の街、リヨンへ!!!職探し。

  • リヨンのシェアハウスで最後のパーティー

  • 初めての面接

  • リヨン食べ歩き Daniel&Denise ボリュームたっぷり!名物レストラン

  • リヨン食べ歩き Ponts&Passerelles 

  • リヨンの郷土料理