1. TOP
  2. リヨンでの住まい フランス人大家の日本人女子限定シェア

リヨンでの住まい フランス人大家の日本人女子限定シェア

ローヌ・アルプ地方 住まい
この記事は約 3 分で読めます。 3,036 Views

キッチン

この家を見つけたのも、仕事と同様にmixiを通してだった。

家のオーナーはアンという65歳のフランス人女性。彼女は離婚後1人暮らしをしていた3LDKを、日本人女性専用に貸し出していたのだ。

家賃は月360ユーロ、共益費や光熱費、wifiなど全て込みで大変お値打ちだった。

場所は中心地からバスで20分くらいのところで少し不便だったが、ここに住む日本人は皆ここから街へと仕事へ出かけていっていた。

この家は私のフランス生活1年間の8箇所暮らした家の中で、最も心落ち着けた場所だった。

アンさんち①

南フランス、イエールの孝子さんではないけれど、アンもこの街のことを本当に平和だと教えてくれた。夜中に1人でウォーキングをしても平気だと。

Tassin la demi lune というこの街、住所にはフランス語で“半月”とか、“星座”とかノスタルジックな単語が入る。そんなところがお気に入りだったのだけど、夜になると本当にきれいな星空が観られる。そんなことも気づかないくらい、夜は当たり前に寝静まってしまうところだった。

初めの2週間は、前の日本人の退居の日程を重なり2人が定員のところ私を入れて3人の入居者がいることになったので、アンはリビングを私の寝床として貸してくれた。

アンは、何年も日本語を学んでいて日本に住んでいた事もあり、私のフランス語力よりも遥かに日本語力が高かった。

まさにフランスのお母さん。困ったことがあれば力を貸してくれ、良いことがあれば一緒に喜んでくれる人だった。

そして完全に甘やかすことはなく、人生の先輩としての意見はきちっと伝えてくれる凛とした女性だった。

大家のアン、私を含め日本人女子3人、そして猫が3匹。

ねこ

不思議なことにここには、パティシエ、料理人、パン屋など飲食関係の人間ばかりが集まった。

猫は癒やしの存在だった。親猫に、生まれたばかりの仔猫が2匹。ただ、1匹の仔猫は引き取られ、もう1匹は車に引かれて死んでしまった。こんな光景を思い出すと切なくなる。

こねこ

リヨンでは仕事の面でうまくいかないことがあったけど、全てはここで一緒に暮らした人達のやさしさで良い思い出になっている。

1年分の荷物の大半を置かせてもらい、2週間分の荷物だけをバックパックに詰めて、再びパリへと向かった。友人との約束を控えていたからだった。

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • リヨン食べ歩き Brasserie de Leon de Lyon 料理人のおじいさんおススメの店

  • リヨン食べ歩き le vivarais ポール・ボキューズ認定のお店

  • Maison Pic ヴァランス 女性シェフの星付きレストラン

  • 初めてのフランスの家

  • Tour Roseの料理

  • 美食の街、リヨンへ!!!職探し。