1. TOP
  2. リヨンの郷土料理

リヨンの郷土料理

 2013/12/19 ローヌ・アルプ地方
この記事は約 2 分で読めます。 2,091 Views

グルメ街

美食の街リヨンを代表する郷土料理はこれ。

食べたお店は旧市街の、何気なく入ったブションだった。

前菜でどこのお店でも置かれているのは、サラダ・リヨネーズと呼ばれるリヨン風サラダ。

サラダリヨネーズ

ベーコン、ポーチドエッグ、クルトンにサラダ。主にバルサミコ酢を使ったドレッシングのところが多い。

ポーチドエッグを崩しながら頂く。

メイン料理では、白身魚のクネル。

クネル

“カワカマス” という白身魚を使うのが主流。ホタテなど貝類が混ぜられることもある。

ソースはこのお店ではクリームベースのものだったが、トマトソースで手軽に作られるものもあれば、甲殻類を使ったアメリケーヌソースで高級料理として提供されることもある。

日本で言う “はんぺん” のようなもの。家庭でもレストランでも、それぞれのレシピで作られ愛されている。

デザートの中で特によく見られるのはこの、プラリネルージュのタルト。

プラリネルージュ

プラリネルージュは、アーモンドなどのナッツ類を原料を砂糖で加工したもの。それを生クリームと煮込んだものをタルト生地に流して焼いた焼き菓子。

この赤がパッと目を引き、華やかなデザートだ。パティスリーでも買うことができるし、レストランのデザートとしてもよく使われる。

晴れた日はこぞってブションのテラス席に座り、昼間からワインを飲みながらほっこりした郷土料理を頂く。お店はいくらでもある。

リヨンの食べ歩きは本当に飽きが来なくて、楽しい!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • リヨン食べ歩き frair 日本人シェフのフランス料理店

  • このお店で働きたい!

  • リヨンの人気ショコラティエ “Bernachon”の苦い思い出

  • リヨン食べ歩き Brasserie Georgers 1836年創業の老舗ブラッスリー

  • フルビエール教会 リヨンを見渡せる大聖堂

  • リヨン食べ歩き le vivarais ポール・ボキューズ認定のお店