1. TOP
  2. アンティーブ ピカソの泳いだ海

アンティーブ ピカソの泳いだ海

フランス南東部
この記事は約 2 分で読めます。 2,952 Views

駅

旧市街から海へと続く道にかけて、どこを歩いても“可愛らしい”印象を受けた街、アンティーブ。

街

小道

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96

移民の街だったとのことだが、確かに色んな人種の人を見かけた。

街中の雰囲気とは打って変わって、駅の地下道はアートだらけだった。

壁①

壁②

アンティーブと言えば、ピカソ美術館があることで有名だ。

ピカソ①

パリにもピカソ美術館があるが、2013年度まで修復工事中だとのことで、訪れたことはなく、どうしても行ってみたくて足を運んだ。

ピカソ②
作品はさながらこの美術館、光の入り方や建物の作りがとても洗練された印象だった。煌びやかな作りではないが、居心地がよく一人でもゆっくりと時間を楽しめるところだった。

ピカソが愛し、泳いだと言われているアンティーブの地中海。

海

向こう側にはニースが見える。

海岸

天才のお気に入りの場所はここだったのかな、とか考えながら海辺を散歩するのもゆったりとした良い時間だった。

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • 驚きの品揃え!温かい街マルセイユ。また来たいお店。

  • フランス夫婦旅、3週間のスタート!~マルセイユへ到着~

  • 3年振りのフランス!マルセイユに到着☆

  • ニース 衝撃の石の浜辺!

  • イエールの街並み、旧市街

  • ニームのおすすめレストラン♪”Restaurant L’imprevu”