1. TOP
  2. 南西部の旅 ボルドー ワイナリーツアー

南西部の旅 ボルドー ワイナリーツアー

 2015/06/30 フランス南西部
この記事は約 2 分で読めます。 1,465 Views

1

オーシュからいくつかの駅を乗り継いで約2時間。フランス2大ワイン生産地である、ボルドーを訪れた。

ここではパリの友人と合流してワイナリーツアーに参加する予定だった。市内のインフォメーションで当日の空きを照会してもらい、一日で2軒巡るツアーに参加した。ワイナリーや日にちによっても異なってくるようだけれど、私たちの申し込んだツアーは80ユーロくらいだった。

ワゴンでお出迎え。

2

ボルドー市街を抜け、どんどんブドウ畑の広がる田舎道を走っていく。進めば進むほど、見渡す限り畑だらけ!

5

同じフランスはいえ、パリ市内では決して見ることができない風景に感激。

そして辿り着いたおしゃれなシャトー。(ボルドーのワイナリーのことをシャトーと呼ぶそう。)

3

製造工程の見学をしながら、最後に試飲をさせてくれる。この時の解説は英語。他にアメリカ人カップルが一緒だった。フランス人ガイドさんが同行してくれたので、聞けばフランス語で答えてくれる。旅行会社を通せば日本語のツアーもある。

6

7

8

9

10

ボルドーのワインは味わいがしっかりとしていて重いのが特徴なので、数杯の試飲でかなり満足!各シャトーで3~4杯は飲ませてくれる。

12

ワイン好きの方にはぜひオススメです!道中ではボルドー市内の地図を広げ、ガイドさんにおいしいお店情報なんかも聞けてボルドー散策にはとても役立った。

13

やっぱり自然の中は癒される☆

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • バスク地方、バイヨンヌの旅 豊かな食文化

  • コルシカ島の料理

  • バスク地方 スペイン・フランスの国境の地 エンダイエ

  • カルカッソンヌに到着!”城壁” と “カスレ” を求めて。

  • フランス夫婦旅、3週間のスタート!~マルセイユへ到着~

  • バスク地方、バイヨンヌの旅!独特の地方都市の魅力