1. TOP
  2. デニム発祥の地?! ニームの旅

デニム発祥の地?! ニームの旅

フランス南西部
この記事は約 2 分で読めます。 2,068 Views

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%bb%e3%82%aa%e3%81%a8%e8%8a%b1

マルセイユから電車で約1時間半。ニームという小さな町に日帰りで足を延ばした。

デニム発祥の地と言われるニーム。デニムの語源は ”デ・ニーム” から来ているそう!という下調べのもと、「ニームでデニムを買おう!」とデニムの製品を探しながら(笑)、街の観光がスタートした。

駅を降りた瞬間に、「この街好き!」と感じた。

%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%a0

駅から街中に続く長い道。

%e5%ba%83%e5%a0%b4

道の脇には水路がある。

%e5%99%b4%e6%b0%b4%e2%91%a1

公園や道脇のお花がきれいなことにまず感激!

%e5%85%ac%e5%9c%92

%e9%bb%84%e8%89%b2%e3%81%ae%e8%8a%b1%e3%81%a8%e6%9c%a8

%e7%b4%ab%e3%81%ae%e8%8a%b1

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0

旧市街はきれいに整備され、たくさんの店が建ち並ぶ。

%e8%a1%97%e4%b8%ad

なんだかどこもおしゃれで、入りたくなる雰囲気♡

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7

街の中心に現れる競技場!闘牛の街としても知られる。

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%bb%e3%82%aa

%e5%85%a5%e5%8f%a3

シャルル・ド・ゴール広場の噴水の像。

%e5%83%8f

水辺がたくさんある街で、どこを歩いても絵になる。

%e5%b7%9d

フォンテーヌ広場。噴水の公園。少し高いところまで昇ると、絵葉書のような景色が広がる。

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%8c%e5%85%ac%e5%9c%92

そして名物!ワニの噴水。ワニはニームのシンボルとして愛されている。

%e3%83%af%e3%83%8b%e7%b8%a6

意外に大きくてびっくり(笑)

%e3%83%af%e3%83%8b%e3%80%80%e6%a8%aa

小さな子供からみたら、ちょっと怖いのでは?!!

%e3%83%af%e3%83%8b%e3%81%a8%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82

のどかで美しい街並みで、ここに住みたいなと思うような居心地の良い街だった。

ちなみに探していたデニムは、特にお土産として推されていることもなく、立ち寄った服屋さんでちょうどサイズの合うものを記念に購入した。お土産と言えば…ワニ製品が一番だった(笑)

帰り道はフランスらしく、電車が2時間近くも遅延して、無事宿に着くかどうかハラハラしてしまった。それもまた旅の思い出。

無事帰れてよかった。マルセイユの宿から日帰りで行けるところ…という感覚で選んだニームだったけれど、想像以上の素敵な街だった。

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記〜女料理人が見た40以上の都市の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ryoko

関連記事

  • カルカッソンヌに到着!”城壁” と “カスレ” を求めて。

  • ミディ・ピレネー地方 ルルド 巡礼の地

  • トゥールーズに到着!グルメ市場を散策♪

  • バスク地方、バイヨンヌの旅 豊かな食文化

  • バスク地方、バイヨンヌの旅!独特の地方都市の魅力

  • カルカッソンヌで見つけた美味しいお店 ”Brasserie A Quatre Temps”